FC2ブログ

救急車

昨年あたりから救急患者の受け入れ拒否・たらい回しが問題になっています。
以前は救急車をタクシー代わりに、という問題もありました。
たらい回しにされている時の患者さん・家族にとっては耐えられないことです。
救急車が来た、助かった・・とはいえなくなってしまったようです
救急隊の方も大変なご苦労があるようです・・。

救急車を呼べば、すぐに病院に運ばれ、助けてもらえる-。患者や家族が当然のように望んでいることが、もはや当たり前ではなくなっている。

 取材に行った救命救急センターには、2人の救命士が研修に来ていた。救命士制度の導入以来、救急車1台に1人の救命士の配備を目指し、有資格者以外にも消防士が積極的に資格を取って蘇生(そせい)処置や投薬法などの勉強に追われているという。

 「搬送先を探すのは、本当に大変ですよ」。取材に来ていることを告げると、2人の救命士は、そうこぼした。

 大阪市消防局によると、同市内の平成18年中の救急出動件数は、2万5036件。うち、搬送先が決まるまでに20回以上問い合わせをした件数は、104件。都心部でも、実情は厳しい。

 だが、2人の救命士はこうした問題が注目される随分前から搬送先探しには苦労していたといい、ここ2、3年で事態はさらに深刻化しているという。

 連絡回数が増えることで当然、搬送までの時間も増える。その間、目的地の決まらない救急車は現場から動けない。

 今月2日、東大阪市で交通事故に遭い、5軒の救命救急センターに搬送を断られた末、死亡した男性は現場での搬送先探しに約30分を要した。

 救命士は言う。「そんなことは日常茶飯事です」

 救急車に乗る隊員は原則3人。蘇生処置以外に搬送先探しや運転担当と役割が分かれているが、搬送先がなかなか決まらないと、そうした本来の業務以外に仕事が増えてしまうことがあるという。

 例えば、やじ馬の整理。長時間救急車を止めていることで、事情を知らない通行人から、「いつまでおるんや」「はよ、病院に連れっていったらんかい」などとやじを飛ばされることがあり、その対応だけでも大変なのだ。そうした声を聞いて、同乗中の患者家族がパニックになってしまうこともあり、隊員が暴力を受けたケースも少なくないという。

 「必死でやっているのに、分かってもらえないこともある。患者と病院に挟まれる救急隊も、つらいんです」(信)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/117390/

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト



現在の時刻

魚かな・・
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。ワンクリックして、応援いただければ幸いです。ありがとうございます。

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近の記事
stars